CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

PCリペア ブログ

大阪のパソコン修理店PCリペアのブログです。
パソコンに関することから日々の他愛も無い事まで綴っていきます。
富士通F/G70T ファンエラー
0

    今回はファンエラーが発生する、一体型PCで富士通F/G70Tの修理ご依頼。

    中をあけますとCPUファンとシステムファン2つがついており、どちらもBIOSで制御されてます。念の為に2つファン取り寄せ両方交換という流れになりました。分解してみてわかるのですが同じファンなのですがシステムファン側のケーブルが全然長さが違います。

    取り寄せたものでは長さが足りないのでハンダで元のケーブルに繋ぎ直して接続します。

    取り寄せた部品片方初期不良で通電しなかったのですがお客様に了承を得て急いで取り寄せ直し無事に交換修理完了になりました。

    今回は新品CPUファン2個へファン交換して系¥10000の作業になりました。

    同様の不具合でお困りの際は是非一度PCリペアにご相談下さい。

    | PCリペア ブログ | 22:27 | comments(0) | - |
    納豆+レタス、にんにく+塩麹ドレッシング、ブロッコリー+わさび=塩麹わさびドレッシング納豆サラダ
    0

      JUGEMテーマ:癌治療 食事

      納豆とレタスってすごく組み合わせが良く癌に有効なそうなんです。

      https://matome.naver.jp/odai/2143871132885003301

      自冶医科大学附属さいたま医療センターの早田邦康先生により「日本人の長寿に関する研究発表」 で「納豆に含まれる成分ポリアミンによる大腸がん抑制効果を発見」である。新たにわかった事実とは、このポリアミンのアンチエイジング効果が遺伝子レベルで効果を発揮しているということ。遺伝子の変化により生じる病気といえば「がん」である。

      とのこと。そもそも大豆や発酵製品は免疫力を高め、癌にも良いものが多いです。

      またレタスは レタスは食べることにより体内でTNF-αという腫瘍壊死因子が生成され、がん予防に効果を発揮してくれる心強い食べ物らしいです。

      http://macrobiotic-daisuki.jp/menekiryoku-3113.html

       

      また にんにくのS-アリルシステインという成分が大腸がんの予防の効果がある らしいです。 またすりおろしよりみじん切りのニンニクを電子レンジで加熱し、塩麹と合わせたものは、基準値の2.7倍S-アリルシステインが増加するとのこと。

      http://www.gr8lodges.com/8963.html

       

      またブロッコリーにはスルフォラファンというがん細胞を死滅させる酵素があり、この酵素は加熱すると失われるらしいのですが、わさびやホースラディッシュと混ぜるとスルフォラファンが復活するらしいとの学術研究が発表されているとのこと。

      http://rocketnews24.com/2011/09/19/131635/

       

      かつ、ブロッコリーは成熟した大きいものよりスプラウトのの方がそのスルフォラファンの含有量が20倍あるそうです!

      http://kenbi-station.com/1016.html

       

      これらのことを踏まえて考えたらレタスとブロッコリースプラウトが入った納豆サラダを塩麹にんにくとわさびとオリーブオイルでドレッシング作って納豆サラダにしたら癌には効果抜群じゃないかと思いうちの母が退院後2〜3週間して生野菜食べれるようになったらバンバン作ってたべるようにしました。

      また納豆に温泉卵もしくは卵黄だけをのせたらすっごいうまいです。白身は生ですと黄身の有効な栄養成分のビオチンの吸収を阻害してしまうそうです。白身は生でなく加熱したものが良いとのことで温泉卵かゆでたまごとかがよいかと。

       

      塩麹にんにくわさびドレッシングの材料

      にんにく・・・・ 1個(ひとかたまり)

      塩麹・・・・・  にんにくと同じ位

      わさび・・・・  適量

      しょうが・・・・ 適量

      オリーブオイル・・・・カップ1/2

      酢・・・・・・・・・・・・・・カップ1/2

      白ワイン・・・・・・・・・適量(大さじ2〜3位)

      砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ1

      塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1位

      胡椒・・・・・・・・・・・ 少々

      ちょろっと香味野菜きざんだの(パクチーとか三つ葉とかしそとかパセリとかセロリとかなんでもうまい)

       

      分量は適当でいいんですが目安書いときます。すし酢作る時の感じで砂糖と塩まぜると失敗しません。結構保存する位の量のドレッシングでかいてるのでもっと量少ない大さじ2づつとかでも一回分ならよいかもです。まあたくさん作って冷蔵庫いれておいて野菜にかけて食べるのが楽ですし味が馴染んでドレッシングもうまくなります。

      野菜はトマトとかその時その時で色々混ぜたらうまいです。色々見てますと野菜全般色々なものが癌に効果あるとでてます。やはり普段から頻繁に色々な野菜摂取するのが良いと思います。かつ上記のにんにく塩麹や納豆を活用すると効果より抜群でなおかつおいしい!

      | がん治療に有効であろう食べ物 | 02:48 | comments(0) | - |
      カスピ海ヨーグルト
      0

        JUGEMテーマ:癌治療 食事

        今回はうちの母親が大腸がんの退院後いつも食べてる食材の一つカスピ海ヨーグルトです。

        一度種菌をもってたらうまく管理すればずっと牛乳さえあればどんどん増やしていけるお得な食材です☆

        私もかれこれ15年位前に当時はまだ市販はされてなかったのですが、阪神百貨店かどこかにカスピ海ヨーグルトを日本に持ち帰った家森教授の株分けという種菌の特別販売ってのがあってそれを買ってきてそれがずっと代々うちの冷蔵庫にいまだ生息しております。

        ヨーグルトの乳酸菌が免疫力を上げる効果があるとの通説です。

        いまではフジッコからカスピ海ヨーグルトのプレーンとかも巷では流通しているので簡単に手に入るかと思います。

        母親が癌になって色々調べて分かってきたのですが、基本癌を治すには免疫力を上げるというのが一番大事で、免疫力が上がると癌をやつけるナチュラルキラー細胞(NK細胞)というものを活発にさせたりする効果があるとのこと。

        舞茸やきのこ類のβグルカンもこのNK細胞を活発にさせるのですが、このカスピ海ヨーグルトの乳酸菌にクレモリス菌という成分が含まれており同じようにNK細胞や 体内に侵入した異物を食べる白血球の一種マクロファージの 活性を高めるらしいのです。

        一部ネットではヨーグルトは癌には逆に悪いとの説もありますが、免疫力を高めるというこの作用を考えるとやはり良い効果が大ではないかと私は考えます。

        特に大腸癌摘出後の患者の場合退院後、中々お通じが安定しなく便秘になったりすることも多々あります。このカスピ海ヨーグルトを食べると一発でお通じが良くなるとうちの母も言ってます。あまりに効果があるので逆にお腹がゆるい時は食べない様にしてるとの事です。βグルカンやゴーヤ等もそうですが癌に効果が高いと言われてる食材の共通点として食べ過ぎるとお腹をくだす・普通にお通じがよくなるといった特徴があると思います。

        うちの母親の場合6月に退院して9月の血液検査結果で手術時には異常数値に振りきっていた腫瘍マーカーの数値 CEAは正常な人の平均値より低い4.0、CA19−9ははるかに低い15に下がった要因の一つにこのカスピ海ヨーグルトも関係している可能性は大いに有ります。

        まあ、ひとつの偏った食材に頼るのではなく野菜やきのこやこういった食材をバランスよく日々摂取するというのが良いのかと思います。

        それは抜きにしてもこのカスピ海ヨーグルトはとってもおいいしい♪砂糖だけ入れてもおいしいけど色んな果物混ぜて食べると最高です。

        10年位前に私の作ってるレシピページ「おいしいもん食べたい♪」に載せた作り方等のリンク載せておきます。

        http://oishiimon.hp2.jp/nyuuseihin/kasupi.html

         

         

         

        | がん治療に有効であろう食べ物 | 00:24 | comments(0) | - |
        電源が入らなくなった制御用のサーバーの修理ご依頼
        0

          今回は昔から馴染みの会社さんからでラックに入ってる工場とかでの制御に使っているであろうサーバーの電源が入らなくなったので直せないかとのご依頼です。

          中あけてみると古いIDEの頃の規格のマシンで、完全に電源ユニットが死んでて基板修理では直せず同じものを探すことに。サーバー用の特殊な電源ユニットで探してみると海外のサイトで少しみつかったけどお値段見ると・・・「何々?!!」とても修理に使える様な価格じゃないじゃないですかあ。

          コネクタ等が特殊で普通のものとも違うのですが外面が同じである程度同じコネクタを積んだ電源を見つけてそれを加工して取り付けることに。

          色々違う部分があったのですがなんとか色々ATXケーブルの通電テスト用基板とかを使ってスイッチ部分を加工しなおし、微妙に電源ケーブルのジャック部分等がフレームにあってなかったりしたのでヤスリで削って強引に形を合わせて通電出来るようになりました☆

          あとケースFAN壊れてたの交換して、HDDもコピーに3日間かかってたの無事コピーして作業完了です。

          ただ、特殊なインターフェイスの為動作自体がうちではできないので本当にこれで直ってるのかがわかりません。

          ダメ元でそれでよいとのことでしたのでこれで完成です。

          今回は電源ユニット交換、FAN,HDD交換の修理作業で全部で¥20000の作業になりました。

          PCリペアでは同様のパソコンで無くてもどう?って作業もご相談いただければ作業いたします。まあ全然直せない物も有りますけどね(笑)

          同様の不具合でお困りの際は是非一度PCリペアにご相談ください。

          | PCリペア ブログ | 22:59 | comments(0) | - |
          舞茸と人参のマリネ−大腸がん摘出の術後退院後に作ったレシピ
          0

            JUGEMテーマ:癌治療 食事

            母親の大腸がんの摘出術後、退院後に作ったレシピです。大腸がん(結腸)等の癌の術後は最初はあまり消化の悪い物や生野菜等の強い食物繊維もうけつけず食べれません。大腸癌の手術した患者さんの場合、術後入院時はおかゆとか流動食ぽいのから徐々に慣らしていき、退院後はちょっとずつ色々食べれるようになってきます。

            前述したはちみつれもんや梅ジュース、カスピ海ヨーグルトの様な飲み物のような物は術後直後から摂取しやすいですが、固形のこういった料理になると2〜3週間立たないと腸自体が機能回復してないので中々たべれません。というか食欲がでずあまり食べれなく徐々に食べれるようになってきます。

            生野菜がまだだめな時期は煮物やゆでたりした野菜がよいらしいので、退院当初においしく食べれてかつ癌によいレシピを考えて温野菜のマリネを作ってみました。

            癌によいとされる舞茸、人参、ブロッコリー、セロリ、玉ねぎ、オリーブオイル、にんにく、しそ等を使ってマリネにしてみました。これが超うまい☆

             

            −材料−

            • 舞茸             1個
            • 人参             適量
            • えりんぎ           適量
            • 玉ねぎ            適量
            • ブロッコリー         適量
            • セロリ             適量

             

            −ドレッシング−

            • オリーブオイル        大さじ3
            • お酢             大さじ2
            • 白ワイン           大さじ2
            • 砂糖             大さじ1
            • 塩              小さじ1
            • 胡椒             適量
            • にんにく           適量
            • しそ             適量
            • レモン            適量

            要は温野菜のマリネです。材料全て適当切り分けて大腸がん術後患者でも食べれるように柔らかくクタクタになるまでゆでてドレッシングをあえていただきます☆大量に作るとタッパに入れて冷蔵庫で保存して食べれるのも良いです。術後の患者さんって基本一回の食事ではちょっとずつしか食べれないのです。回数を小分けにして徐々に食べれるようにしていきます。

            それでもうちの母親の場合退院後1ヶ月後にはもう普通の生野菜のサラダとかも食欲良く食べれるようになってました。

            材料は他にもかぼちゃやらじゃがいも等の根菜や色々その時々で何使っても良いと思います。

            このレシピの細かい作り方は私の作ってるレシピサイト「おいしいもん食べたい♪」で載せてますのでリンク貼っておきます。

            http://oishiimon.hp2.jp/maitakemarine.html

             

            煮物ばっかりじゃ飽きちゃうのでこういう洋風のも組み合わせると大腸がん術後のあまり食べれない人でもおいしくいただけます。

            ちなみに舞茸やエリンギのきのこ類には前述もしましたβグルカン、人参も癌治療で有名なゲルソン療法って人参ジュースばっかり飲みまくって

            治すってもあるくらいで、その他ブロッコリー、セロリ、玉ねぎも癌に良い食材とされてます。

            またドレッシングに使ってるにんにく、しそ、オリーブオイル等も癌にとても良いとされる食材なのでこのマリネは非常に理にかなっているといえます。ブロッコリー、にんにく等の癌に有効な成分等のお話はまた後々UPしていくつもりです。

             

            あと余談ですが、大腸癌の摘出手術をした患者さんの場合手術後すぐ翌日からでも痛いんだけど無理にでも歩くリハビリした方が良いのがネットで色々調べててわかりました。するとしないとでその後の癒着、腸閉塞の発生率がまるっきり違う統計結果がでているとのことです。

            専門の方いわく、強い医療用大麻等の痛み止め打ってでもリハビリを始めるのがいいらしいです。

            痛いからってじっとしてると治ってからも腸閉塞を発症する確率が格段に高くなるとの記述をネットで見つけました。

            また治っても普段から歩くのは大事でなるべく歩く習慣をつけておくのがよいらしいです。

            うちの母親の入院してた病院は言っても全然痛み止め打ってくれないらしくてうちの母親は喧嘩しいしいリハビリしてたらしいです(笑)
             

             

            | がん治療に有効であろう食べ物 | 00:37 | comments(0) | - |
            レモンのはちみつ漬け、梅ジュース
            0

              JUGEMテーマ:癌治療 食事

              うちの母親が大腸がんで入院したのが6月位だったのですが、そういえば前述した腫瘍マーカーを平均値よりかなり低く下げた可能性のあるだろう食材の中で入院時から今も毎日食べてる食材乗せるの忘れてました。

              入院中に母親に言われて作って持って行ってて退院後は私はノータッチだったんですっかり忘れてたのです。

              それは国産レモンのはちみつ漬け、いわゆるはちみつレモンです。

              6月の大腸がん入院時からマーカー値が極端に下がった9月の血液検査まで服用し続けたのはソフィのグルカンとこの蜂蜜レモンになります。舞茸等の残りの食材は退院後からですので。

               

              レモンは免疫力を非常に高める効果があるそうです。豊富に含まれるビタミンCもあり病中病後の回復には非常に有用です。

              ネットで調べると高い抗癌作用があるらしいです。

              ビタミンC、クエン酸、ポリフェノール系の成分が特に効果ありそうです。

              またはちみつには同じく免疫力を高める効果、強い殺菌力による抗癌作用があるらしいです。レモンと同じくクエン酸等の有機酸の成分が癌に良いとの事。

               

              レモンのはちみつ漬けは至って簡単でよく洗ったレモンを輪切り、いちょう切りにしてはちみつに漬け込むだけです。翌日にはもう食べれ(飲め)ます☆

              注意点は国産レモンを使うことです。皮を使いますので輸入物はどんだけ洗っても農薬の影響が多く残るので逆に発ガン成分になりかねません。無農薬とかだと最高ですね。

              できればはちみつも国産がよいのでしょうけど高いんでそれは輸入物でもいいかと。私が作ったのは業務スーパーで買った激安輸入はちみつ使いました(笑)

              入院時でも食べる(飲む)ことが出来てとても重宝します。

               

              6月末には退院したのですがちょうどその時時期が旬でしたので梅の砂糖漬け、いわゆる梅ジュースをスーパーで半額で梅売ってるの買っていっぱい作って実家の母親のとこにもっていきました。

              これもネットで調べてわかったのですが、梅にはやはり免疫力を非常に高め、クエン酸等の抗癌作用、殺菌作用がやはりあるみたいです。

              梅干し入れてるとおにぎりとかも腐敗しませんもんね!

              梅の健康食品で癌治療に効くという梅エキスのものもすっごい高い値段で存在してました。

              梅ジュースは5月下旬から7月上旬までと期間限定ですが、安くで作れるのでとてもよろしいと思います。

              はちみつレモンは一年中つくれますが梅などの免疫力を高くする食材って旬の野菜や果物といったものが非常に多いと思います。

              あと食べ過ぎるとお腹をくだす物が多いです。

               

               

               

              | がん治療に有効であろう食べ物 | 00:31 | comments(0) | - |
              腫瘍マーカーを実際下げたであろう食事等
              0

                JUGEMテーマ:癌治療 食事

                今回はうちの母親は当初6月にこぶし大の大腸がん(結腸)手術したのですがその6月時点での腫瘍マーカーの数値CEAとCA19−9は基準値を大きくこれ以上ないくらい振り切っていたらしいのですが、退院後の9/13の血液検査では腫瘍マーカーのCEAは正常な人の平均値より低い4.0、CA19−9ははるかに低い15に下がってました。その後CTで腹膜播種が見つかり抗癌剤治療開始となり現在抗癌剤治療中なのですが。手術時に膿が腹膜に飛び散りそれが腹膜播種になってるだろうとの事。

                この資料を先生からいただいたのは抗癌剤治療始まって約1ヶ月位の11月下旬です。この下がった時点の9月って抗癌剤はしてないし、やってることといえば大腸がんの入院時からソフィのグルカンを一日1〜2袋程、6月下旬以降退院してからは1袋、あとは大腸がんの術後ということもあり最初は生野菜は控え、ゆでたり煮たりした系の舞茸や人参、たまねぎ、ブロッコリー等の野菜、カスピ海ヨーグルト等を、2〜3週間してしっかり食べれるようになってからはサラダや、卵黄、納豆、にんにく等いれ野菜をバランスよく食べるように心がけてた感じです。

                ソフィのグルカンは黒酵母のβグルカンで免疫力を非常に上げる効果があるらしいのです。舞茸も本人沢山たべてたとのことですが、この3ヶ月感の間で一番可能性が高そうなのはこのソフィのグルカンの可能性が高そうです。

                当初ネットで調べて見つけたのはステージ犬里ん患者が大量にソフィのグルカンを服用し腫瘍マーカーが正常値に減ったとの記事をみてでした。ただかなりの量(1日10袋等)を使ってとのことだったので費用的にうちは無理だと思いましたがとりあえずやってみようということで使ってみたのです。

                毎日の食事もかなりバランスよく免疫力を上げるであろう舞茸、にんじん、にんにく、納豆、豆腐、ブロッコリー、レタス等を他の食事も含めてバランスよく食べるようにしてましたが、そこまで劇的に効果があるとは思えません。

                またゴーヤががん細胞を殺すという記事を見つけたのも11月の抗癌剤治療が始まる直前で9月の時点では全く知らなくゴーヤ茶は服用してませんでした。

                ということでこの腫瘍マーカーを下げただけの話でいうとうちの母親の場合、ソフィのグルカンと舞茸が可能性高そうです。

                レシピ等のUPの前にまずこっちの話になっちゃいましたが、客観的に情報・結果を判断するとこれが効いている可能性が大なので最初にUPいたしました。もちろん毎日舞茸やしめじやなんらかのきのこを頻繁に食事に取り入れる様にしてましたのでそちらが効いてるのかもしれません。

                ただその後10月位のCTの検査で腹膜播種が見つかり、現在抗癌剤治療中です。その後のマーカーの数値は情報が入ってこないので現在わかりません。ただ言えるのはうちの母親の場合、6月下旬の退院以降順調に回復しCT検査でそれを言われるまではものすごく健康状態が良くなり回復していたということです。

                抗癌剤治療する場合も治療前に免疫力を高めておくことが大事らしく開始1週間前はグルカンを朝昼晩、粉末ゴーヤ茶は毎日のんで開始しました。副作用も殆ど無く現在はたからみたらとても体調良好な感じです。

                1箱30袋で大体¥7000位なのですが、資金的にそれ位余裕あるって方は試してみる価値は大です。ちなみに、ソフィのグルカンのサイトでは短期間に腫瘍マーカーの数値さげたりするには1日5〜6袋以上服用したほうが良い的な感じの記事がでてました。うちは資金的に無理ですけどね(笑)かわりに舞茸たくさんたべました。

                 

                 

                 

                | がん治療に有効であろう食べ物 | 01:27 | comments(0) | - |
                がん治療に有効であろう食べ物−うちの母親の癌の現状
                0

                  JUGEMテーマ:がん全般

                   

                  去年2015年5月にうちの母親が突然倒れて、こぶし大の結腸がんが見つかり手術の末うまく摘出して術後良好に見えたのですが、3ヶ月後位にCTで腹膜播種が見つかり、手術時に膿が飛び散りその状態になったらしく抗癌剤による治療を11月から始める事になったのです。

                  76才とまあまあの高齢の為あまり強い抗癌剤等も無理であろうということで、とにかく免疫力を上げる普段の食生活等が大事と思い色々試行錯誤して調べて効果があるだろうレシピや情報等を実践していっているのですが、自分が見る為の覚え書きレシピや情報と、同様の癌治療食を探している方にも手助けになればとレシピ等をUPしていく予定です。

                   

                  当初、結腸がんで倒れた時点ではうちの母親はもう即手術しないと手遅れ状態で腸閉塞を起こして食事等も無理な状態でした。

                  最初自分で行った病院ではすぐに入院して3〜5日位で手術ということになっていたのですが、そこの病院を本人があまり気に入ってなかったのとまだ自分で動けた母親は断って自分で帰ってしまったのです。

                  数日後電話しても音沙汰が無くなった為実家の母親のところに見に行くと完全横たわって動けない状態になってましたので、救急車を呼んで2月にうちの父親が心停止で入院して脳死状態で4月まで延命してくれた馬場記念病院さんへ運んでもらいました。

                  うちの父親の時心停止1時間後でも受け入れてくれて蘇生して2ヶ月も延命してくれとてもよくしてくれた病院だったからです。ちなみに母親が自分で帰ってきた近所の病院(藤井病院)は父親が倒れた時は搬送断られたのでした。

                  救急車で搬送された馬場記念病院ではいきなり手術ではなく先に周りに溜まった膿を抜いてからでないと膿が飛び散ってその時点で亡くなってしまう可能性が高いと言われその手順になりました。母親が断って帰った病院だといきなり癌切除手術との事でしたのでその時点でもう亡くなっていた可能性は非常に高かったと思います。馬場記念病院の先生方にはとても良い対応していただき感謝につきます。

                  先に膿を抜く手術をして、ただ腸閉塞なのは変わらないので点滴で栄養注入して1週間程のちに結腸のこぶし大の癌を取り除く手術を行いました。

                  かなり大手術だったみたいで術後すぐに先生が取り出した癌部分の結腸をタッパに入れて見せてくれました。

                  その時点では手術は大成功で癌部分は完全にとれて、リンパ節にも転移がないとの事でした。

                  2〜3週間で病院も退院し、3ヶ月後位に内視鏡とCTの検査をしたのですが大腸・結腸からは綺麗に癌が無くなっているのですが、腹膜に癌が飛び散っているとの事がわかり抗癌剤治療をする事になりました。この時点で本人とても元気に回復しており動き回れる様になって完治したのかと思ったんですがしょうがありません。

                  色々調べていると抗癌剤を開始する前に免疫力を高めておくのがとにかく大事とのことです。

                  結腸がんで入院した時から「ソフィのグルカン」というβグルカンの癌に有用な健康食品がありましてそれを毎日飲むようにしてるのですが、いかんせんお値段がかかります。30袋で¥7000程です。ただ抗癌剤始まる1週間前からは(本当はもっと期間かけたかったのですが検査後すぐに分かって抗癌剤することになったため)朝・昼・晩と3回グルカンを服用して免疫力を高めて治療を受けることにしました。始まってからは費用がもたないのもあり一日1回に減らしましたが。

                  あとゴーヤを種や綿ごと粉末にしたゴーヤ茶を一日一回飲む事にしてます。

                  他にも舞茸、ブロッコリー(芽)&わさび、にんにく&塩麹、人参、レタス&納豆、カスピ海ヨーグルト 等免疫力を高め癌に有用とされる食材は頻繁に取る様にしてます。

                  中でもゴーヤは近年コロラド大学の癌治療の研究者がゴーヤにがん細胞をやっつける効力があると発表しているとのことでかなり効果が期待できるのですが、粉末ゴーヤでゴーヤ茶で飲んだ場合をいうと1日3回位服用すると下痢気味になります。あまり摂取し過ぎるとお腹を下す作用があるのです。人にもよりますが粉末ゴーヤ茶ですと1日二杯位までが良いかと思われます。

                  ちなみに健康体の私も1杯のんだらちょっとお腹ゆるくなりました(笑)ちなみにゴーヤは大好物です私。ぬか漬けとかにして生でも食べます。ゴーヤ粉末は種も入っている為おそらくお通じを良くする効力が実のみより高いのでしょう。

                  文面超ながくなっちゃいましたが、以後色々UPしていくつもりです。

                  少しでも誰かのお役にたてれば。

                  JUGEMテーマ:癌治療 食事

                   

                   

                   

                   

                  | がん治療に有効であろう食べ物 | 02:52 | comments(0) | - |
                  明けましておめでとうございます
                  0

                    | PCリペア ブログ | 13:57 | comments(0) | - |
                    自作WINDOWS10 PC導入・設定・データ移行ご依頼
                    0

                      今回は昔からのなじみの近所の旅行会社さんからのご依頼で新品部品で自作WINDOWS10パソコンの導入・現使用PCからのデーター・業務システムの移行設定を2台ご依頼。

                      i3の3.7GhzのCPUを使用し新品部品集めてmsOffice、会社の規定でセキュリティソフト有償のがいるとのことでそれらも揃えWindows10prをインストールし組立設定しました。うちの事務所でマシン仕上げてから先方に送り別途日程調整してスキャナやプリンタ設定、データー移行、業務システムのインストール設定行い無事に完了しました。

                      PCリペアではご依頼があれば自作windows10PC等も組立導入・設定作業いたします。

                      同様のご要望があれば是非一度PCリペアにご相談ください。

                       

                      | PCリペア ブログ | 09:50 | comments(0) | - |